ハイジニーナ 脱毛

ハイジニーナとは?

ハイジニーナ脱毛とは、アンダーヘアのムダ毛を処理することを指しており、まったくの無毛の状態にすることもありますし、少しだけムダ毛を残すということもできます。

 

ハイジニーナにするためには、アンダーヘアのムダ毛を剃る、抜くなどの方法などがあります。

 

ハイジニーナの語源は、hygeneという、衛生を意味する単語から来ており、ムダ毛をなくす状態にすることで、清潔に保つことができるという意味もあるようです。

 

海外では、アンダーヘアの処理は一般的であり、欧米には脱毛のサロンに通って、アンダーヘアの処理をしてもらうということが、若い女性などの間では、ネイルサロンに通うことと同じく、一般的な美容の処理として浸透しています。

 

ハイジニーナにすることで、生理の際に不潔になりがちなアンダー部分を清潔に保つことができる他、わきや腕のムダ毛と同じく、美的な観点から、アンダーヘアも美しく保ちたいということで人気を集めています。

 

デリケートな皮膚の箇所ですから、ばい菌が入りやすいので、ご自身で処理をするよりはプロの手を借りて、美しく保ちたい場所ですね。

ハイジニーナ脱毛のメリット

アンダーヘアのことは、女性の友達同士でも、どうやって処理をしている?となかなか聞きづらいところがありますよね。

 

アンダーヘアをハイジニーナ脱毛すると、水着になったときに、ムダ毛がはみ出していたと恥をかくこともありませんし、かわいらしい下着をつけた時に、ショーツの脇からムダ毛がはみ出してみっともない、ということを避けることもできます。

 

ハイジニーナ脱毛のメリットでよく言われていることは、生理の際のアンダー部分のムレや、不潔な状態になることを防ぐということです。

 

最近では、ウォシュレットのついている便座も多いですから、ハイジニーナにすることで、とくに生理の際に清潔に保つことができることが、メリットとしてあるようです。

 

夏場には、アンダー部分はムレてかゆくなる、赤くなる、においがひどくなるなど、不潔にしていると、あまり良いことがおきませんが、ハイジニーナにすることで、不快感やかゆみが起きていた部分を清潔に保つことができますね。

ハイジニーナ脱毛のデメリット

ハイジニーナ脱毛は、欧米や中東諸国ではごく一般的なことながら、日本でハイジニーナにしているというと、性に対して積極的であると勘違いされるデメリットがありますよね。

 

これは、日本人が一般的に好む人物は、性には積極的ではなく、恥じらいが美しいとされる文化背景が原因となっているようです。

 

他にも、ハイジニーナ脱毛のデメリットとしては、公衆浴場や、温泉など、同性に裸を見せる機会があった際に、まだハイジニーナは一般的ではないため、アンダーヘアがないと驚かれるてしまうことも多いようです。

 

温泉に入る際には、タオルでアンダーヘアのある前部分をかくしてお風呂までは歩いていても、湯船にタオルをつけるのはマナー違反というところも多いですから、他人にアンダーヘアの部分も見えてしまうということがあります。

 

最近では、サロンでもハイジニーナ脱毛とはいえども、Iゾーンを少し残して、水着には影響しないけれども少しだけムダ毛を残すとう脱毛方法をとっていることが多いですから、残す部分を広めにとるなどで、不自然ではないハイジニーナ脱毛にすることができます。