VIOライン 自己処理

VIOラインの脱毛は、テキトーな自己処理ではとっても危険!

ハイジニーナ脱毛には、Vライン、Oライン、そしてIラインの3種類の脱毛箇所があり、この3つをあわせてVIOラインと呼んでいます。

 

Vラインとは、正面から鏡で見て、アンダーヘアが見える、Vの形をした部分の脱毛処理のことを言い、Oラインは、おしりの肛門の周囲を、ぐるりとOの形に生えているムダ毛処理のことを指し、Iラインは、ちょうどショーツでかくれる股の部分のムダ毛の処理のことを指します。

 

これらのVIOラインは、常にショーツで隠れている部分でもありますし、女性の場合には夏場や生理のとき、窮屈な下着をつけている際に、ムレてかゆくなる、赤くなるなどが起こりやすい場所でもありますよね。

 

そして、これらの部分の皮膚はデリケートなので、自己処理によるムダ毛処理では、ばい菌が入る、傷をつけてしまうなどの危険が高い場所です。

 

背中のムダ毛と同じく、手が届きづらい場所ですから、自己処理でムダ毛を剃る、抜くなどをするのはとても危険です。

 

VIOラインのムダ毛対策は、自己処理を避けて、なるべくプロの手にお任せをしたほうが良い場所ですね。